クセになる旨さ!名物の「どて味噌煮込み」

2019.07.25

栄で旨いどて味噌煮込み食べるなら居酒屋「名古屋大酒場 かぶらや 総本家」

こんにちは!名古屋大酒場 かぶらや 総本家のPR担当です。

土用に入りましてから、蒸し暑くしのぎがたい日々が続いておりますが、
みなさまいかがお過ごしですか?
ことのほか身にこたえてしまっている方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、名古屋めしの一つでもある『どて味噌煮込み』を食べて
スタミナをつけましょう!

名古屋めしには欠かせない逸品


<どて味噌煮込み>


当店の『どて味噌煮込み』(480円)は、オリジナルブレンドの赤味噌仕立てで作っています。

その濃厚な味噌でじっくりと煮込んだ牛スジやモツなどはとっても柔らかく、いくらでも食べられてしまいます。

白飯にかけて、かきこみたくなること間違いなし!
お酒はどんどん進んでしまうこと間違いなし!
当店自慢の逸品をぜひ、ご賞味くださいませ。
.

名古屋の名物伝統料理「どて煮」とは?

名古屋人は黒褐色、茶色い食べ物が大好きです。

茶色になる理由のほとんどは、ご当地独特の豆味噌「赤味噌(八丁味噌)」を使うからで、
噌の渋みに甘みを加えたこってり甘辛味が名古屋人は大好きなのです。

どて煮は、一般にどて焼きといわれる料理の赤味噌版。牛スジや豚モツを、
赤味噌をベースにダシを効かせ、砂糖やザラメで甘みをつけた汁でぐつぐつ煮込む。

このタレを串カツに付けて食べる人を見て「味噌カツ」が生まれたのはお有名な話しで、
現在でも串カツはソースでなくこのどて味で食すのが名古屋流。

また、どて煮をご飯にかけるどてめし、ほとんど同じレシピで大根や豆腐、
卵を煮込んだ「味噌おでん(お店によっては区別の無くどて煮とする場合も)」など、
赤味噌の渋みに甘みを加えた「黒褐色の甘辛味」は名古屋人にとって心の味なのです。

今回は、当店自慢の『どて味噌煮込み』をご紹介しました。
当店は、多くの名古屋名物のお料理をお楽しみいただけます。
名古屋人が大好きなたっぷり味噌がしみ込んだ串カツや定番の手羽先や、
古屋名物の代表ひつまぶしなど、美味しい名古屋名物をたくさんご用意しておりますので、
ぜひ様々な名古屋めしをご賞味ください。

スタッフ一同、一期一会を大事にお客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

豊富なメニューはこちらで確認できます
●メニュー情報はこちらから

アクセス

名古屋のおすすめ居酒屋「名古屋大酒場かぶらや総本家」

名古屋大酒場 かぶらや 総本家
住所
 〒453-0015
 愛知県名古屋市中村区椿町15-8
 チトセGLビルB2~1F
電話番号
 050-7300-0898
営業時間
 11:00~24:00(L.O.23:30)
定休日
 不定休

ぐるなび ホットペッパー 食べログ Retty ヒトサラ instagram
@kaburaya_souhonke_official
ブログ ご予約 page top